製品情報

AP7532

IEEE802.11ac対応
無線LANアクセスポイント

AP7532は、現在利用できる最速のWi-Fi スピードを実現する広範な機能を満載しています。無線 LAN ユーザーがどれだけ多くても、また、どのようなアプリケーションが使われていようとも、信頼できるデスクトップ並みの超高速スピードがあれば心配は無用です。
次世代の802.11ac無線は、最大で802.11nの4倍のスピードを実現します。802.11n無線は、現在の運用環境で使用されているすべてのモバイル機器と下位互換性があります。技術の進歩により、802.11n無線の帯域幅が802.11acレベルに拡大します。
要求の厳しい工業地域では外部アンテナを選択すれば、電波到達距離やパフォーマンスが最大になるようにアンテナを選ぶことができます。その結果最大の機能とパフォーマンスをもつ無線LANを、かつてないほど低いコストで実現できます。

802.11ac機能

  • デュアルバンド無線、256QAM サポート
  • 3x3 MIMO、3 空間ストリーム
  • 20、40、80MHz チャネル
  • デュアルラジオ ( 同時 ) におけるデータレート :1.6Gbps
  • パケットアグリゲーション (AMSDU、AMPDU)
  • 縮小フレーム間隔 (RIFS)
  • 802.11 DFS
  • MIMO パワーセーブ ( スタティック / ダイナミック )
  • 拡張前方誤り訂正符号 : STBC、LDPC
  • 802.11ac 伝送ビームフォーミング

主な特徴

ネットワークとアプリケーションの抜群のパフォーマンスを実現する抜群の帯域幅

802.11acは、802.11nを土台とする技術で、新たな技術の進歩により、最大で4倍の帯域幅を実現しています。
3×3 MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)によって、データを3つの空間ストリームとして同時に1つのモバイル機器に送信することができるので、帯域幅の効率や使用率が大幅に向上します。
256QAM変調によって802.11ac無線LANのパフォーマンスはさらに向上し、MIMO技術との連携により802.11n無線LANの帯域幅は802.11acのスピードにまで拡大します。
802.11acは5GHz帯だけで利用されるので、Bluetooth®ヘッドセットや電子レンジなどの2.4GHz機器による干渉はついに解消されました。その結果、無線LANで、かつてないほど多数のユーザーや、音声やビデオを含む多数のアプリケーションをサポートできるようになるため、自信を持ってBYOD(私的デバイスの業務利用)を推進でき、モビリティを導入した新しいワークグループを後押しすることもできます。

第5世代の802.11ac Wi-Fi に容易に移行

デュアルラジオのAP7532は、次世代Wi-Fiへの非常に簡単な移行パスを提供しています。802.11ac無線は新しい5GHzのモバイル機器をサポートする一方で、802.11nは2.4GHzのクライアントを含むすべての既存のモバイル機器をサポートします。この2つの無線が共存しているため、802.11acへ徐々に移行していくことができるのです。高いコストをかけて総入れ替えを行う必要はありません。

より強固な無線接続

ビームフォーミング機能の向上により、ユーザーはこれまで以上に強固な無線接続を利用できるようになります。ビームフォーミングは、アクセスポイントとモバイル機器の間に、最も効率よくデータ送信が行えるパスを生成する機能です。従来は、送信側のビームフォーマが単独でこのパスを決定していました。これを、受信側でも補佐するようになりました。サウンディングと呼ばれる処理です。その結果、接続がより強固になり、より速いデータ送信を行うことが可能になります。

仕様

無線仕様
無線ネットワーク規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、802.11d、802.11i WPA2、 WMM、WMM-UAPSD メッシュ
伝送方式 IEEE802.11b 直接拡散スペクトラム方式 (DSSS)
IEEE802.11a/g 直交周波数分割多重方式 (OFDM)
IEEE802.11n 空間多重方式 (MIMO)
動作チャネル 2.4GHz 帯:チャネル 1~チャネル 13
5.2GHz 帯 : チャネル 36~チャネル 140
(利用できるチャネルは各国の規制によって異なる)
転送速度 IEEE802.11b/g 1、2、5.5、11、6、9、12、18、24、36、48、54Mbps
IEEE802.11a 6、9、12、18、24、36、48、54Mbps
IEEE802.11n MCS 0~23:最大 450Mbps、ターボモード (256QAM) 2.4GHz:最大 600Mbps
IEEE802.11ac MCS 0~9:最大 1.3Gbps
無線出力調整 1dB単位
アンテナ構成 3×3 MIMO ( 全アンテナで送信 / 受信 )
動作周波数 2412~2472MHz、5180~5850MHz
( 実際の動作周波数は、各国の規制により異なる)
ネットワーク
VLAN数 最大16個 (Radio毎)
LAN/WANサービス 802.1q、レイヤ 3 ルーティング、DynDNS、DHCP サーバ / クライアント、BOOTP クライアント、PPPoE、L2TPv3、LLDP
セキュリティ ステートフルファイアウォール、IP フィルタリング、 NAT、802.11i、WPA2、WPA、24 時間 365 日稼働のデュアルバンド WIPS センサ、 オンボード IDS、ゲストアクセス ( キャプティブポータル )、 IPSec、RADIUS サーバ
通信品質 (QoS) WMM、WMM-UAPSD、802.1p、Diffserv、TOS
物理特性
寸法 (長さ x 幅 x 奥行き) 180 mm x 165 mm x 41 mm
筐体 プレナム定格筐体 (UL2043)
物理インタフェース IEEE802.3 ギガビットイーサネット x 1 (自動検出)
LED 2個(アクティビティ表示)
重量 0.82kg
アンテナ 4dB(i 2.4GHz 帯)、6dB(i 5GHz 帯)
(アンテナ内蔵型 - AP-7522-67030-xx)
アンテナコネクタ TP SMA x 3
( アンテナ外付型 - AP-7532-67040-xx)
コンソールポート RJ45
電源仕様
対応 PoE 802.3af / 802.3at
動作電圧 48V
動作電流 312mA (48V)
動作環境
動作温度 アンテナ内蔵型 0℃ ~ 40℃
アンテナ外付型 -20℃ ~ 40℃
保管温度 40℃ ~ 70℃
動作湿度 85% RH (結露なきこと)
静電気放電(ESD) アンテナ内蔵型 15kV ( 空中 )、8kV ( 接触 )
アンテナ外付型 12kV ( 空中 )、6kV ( 接触 )
規制仕様
製品安全認定 UL / cUL 60950-1、IEC / EN60950-1、UL2043、RoHS
無線認証 FCC ( 米国 )、EU、TELEC
最大送信出力(各国の規制により異なります)
1アンテナTX送信出力 内部アンテナ 2.4GHz 帯:20dBm、5GHz 帯:20dBm
外部アンテナ 2.4GHz 帯:19dBm、5GHz 帯:18dBm
2アンテナTX送信出力 内部アンテナ 2.4GHz 帯:23dBm、5GHz 帯:23dBm
外部アンテナ 2.4GHz 帯:22dBm、5GHz 帯:21dBm
3アンテナTX送信出力 内部アンテナ 2.4GHz 帯:24.7dBm、5GHz 帯:24.7dBm
外部アンテナ 2.4GHz 帯:23.7dBm、5GHz 帯:22.7dBm

Page Top

製品情報
サポート
会社案内