【新卒専用】
ENTRY・お問い合せ

先輩社員紹介INTERVIEW

S.T 2011年入社 開発技術部
ハードウェア・ファームウェア開発エンジニア
仕事内容
主にネットワーク機器の組込みソフトウェア開発担当です。
一般的に、製品の中に入っているソフトウェアを組込みソフトウェアと呼びます(入社前の私は知りませんでした)。
ネットワーク製品にもネットワークデータのやり取りができるように必ず中にソフトウェアが入っています。目的は、ユーザさんが求める動作を実現するためです。この"目的"こそが私の仕事です。
私は、ソフト屋なので、データ構造をまとめたり(設計)、コードを書いたり(実装)することがメインですが、組込みソフトウェアでは、パソコン上で動くソフトウェアとは違い、電気的なハードウェアの知識が必要になることが多いです。
なので、ICの仕様書を何百ページも英語で読んだり、回路図を見たり電気信号を測定したりすることもしょっちゅうです。
私の仕事の特徴
  • 常に新しいことにチャレンジ出来る仕事
  • コツコツ研究・開発する仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 語学力を生かせる仕事
  • モノつくりをする仕事

社員インタビュー

だからこの仕事が好き

あまり自覚はありませんが、この仕事が好きなのだと思います(笑)。
開発グループ自体が小規模のため、その場で打合せて仕様をメモ的にまとめたり、ハードウェア開発者や評価部隊と共同でデバッグしたり、内外のメンバで小回りのきいた疎通がやりやすいです。
また、一応ソフトウェア担当ですが(社内でそう認識されているかはともかく)、人手が足りないので、業務が多岐に渡ることもあります。量産用の製造図面や作業手順書を書いたり、製品マニュアルや販促パネルの挿絵を描いていたりもします。それなりに大変ですが、製品開発全体を把握できるので、自分の仕事が会社にどう貢献しているか見えるとやる気になってくるものです。特に苦労の末に完成した製品の愛着はひとしおです。

この仕事をしていて辛かったこと、苦しかったこと

「仕事が好き」よりも「仕事がツラい」という話のほうがおそらく興味を惹くと思いますが(笑)、この質問をされている現時点がまさに苦しい時期だったりします。プロジェクト納期が迫っている、次の製品開発が始まっているが方式検討の段階で難航している、リリースした製品にバグがあるが解決の目処がたたない、などといった状況が重なっており、実はなかなかのてんてこ舞いです…!
あまり根を詰めずに1つずつ集中すると解決策がふと見えることが多いので、優先順位を決めて周囲の協力や理解を得ながら進めています。そういう環境があるので助かっています。

仕事を通じて学んだこと

学びばっかりです。
ネットワークの仕組み、データシートの読み方、ソースコードの書き方、ソフトウェア開発の手順、英文メールの書き方など、入社してから身につけたことが大半です。特に技術的な要素は常に調査調査の連続ですし、これからもそうでしょう。
もともと勉強は好きなほうなので、わかってくると面白くなってきます。仕事であるからこそ勉強が血肉になるというか、学んだ内容がそのまま日常の何かに直結するという感覚は、学生時代にはここまであまり濃くはなかったように思います。(忘れてるだけかもしれない?)

ある1日のスケジュール

8:55
出社
運動不足解消のために数駅前から歩いてます。
9:00
プログラミング
仮想マシンの起動。gitプル、ブランチ。コードを書く!
10:30
15分休憩
やりはじめると際限なく画面を見続けるので、携帯タイマでこの時間にチャイムが鳴るようにしています。
10:45
海外からのメール確認
開発の一部を海外委託しているケースがあります。時差が+1時間なのでこの時間になってメールが来ることも。英語だらけ。
12:00
昼ごはん
ここでもチャイム。週1回事務所総出でわらわらとでかけることも。
13:00
プログラミング
コードを書く! 眠たい昼下がり。この間もチャイム休憩。
15:00
電話会議前の事前打合せ
このあと海外と電話会議があるので社内メンバーでその準備をします。こちらの進捗や質疑内容を文書にまとめて議題に挙げます。
16:00
海外委託工場と電話会議
ブロークンでも英語しゃべる! 誤解のないようにログは必須。
18:00
実機動作
コードを焼く! そう、だいたい動きません。
20:00
作業記録の保存
現在の進捗と課題を記録。gitコミット、プッシュ。仮想マシン停止。
退社時も元気があれば数駅歩きます。
座右の銘
楽しんだ者勝ち